HOME >> インタビュー

2014年の感謝を込めて ~【Noh Jesu 感謝講演会】~
『日本で生まれ育った観術』

NR JAPAN / Nor Jesu

koba.jpg

韓国に、「観術IT教育研修所」が完成したと伺いました。どんな研修所なのですか?

 釜山と大邱(テグ)の中間に位置する清道(チョンド)という地域にあり、3万4000坪の敷地で、空気も水もキレイなところです。

 日常から離れることができ、雄大な自然に囲まれていて本当に静かで、どんなに大声を出しても大丈夫な環境ですね。(笑)

 2014年2月15日に開所式を行い、研修所をオープンしました。施設としては、現在、講義室、100人が住める宿泊所、食堂、太極拳をする運動場、40分の散策コースなどがあります。健康を考慮し、すべての空間に一番高級な土や大理石や木を使用し、健康ランドのように建築しています。ここで生活すれば誰もが健康な心、健康な体になっていきます。

実際、どんな人が、何人くらい研修を受けているのですか?

 日本で様々な観術のセミナーを受けて、「観術の真髄をマスターしたい」「観術を生かして自分の職業にしたい」「観術を自分の仕事にも活用したい」という人たちがこの研修所に集まって、観術スマート研修の観術マスターコース、観術プロフェッショナルコースを受講しています。これは観術を教える立場になるリーダー養成コースでもあります。

 スマート研修は1回が45日間で、年に3回開催していて、毎回50~70人が日本から参加しています。

【 中略 】

最後に、日本人へメッセージをお願いします。

2014年は龍が目覚め、2015 年は龍が動き出す、そして2016年 は飛龍昇天し、世界を統合する日本の リーダーシップが定まります。日本は、 この時代の危機をチャンスに上昇させる ミッションがあります。ですから、今の 時代に生まれている日本の皆さんには、 人類の代表者である感覚を持って欲しい です。

koba.jpg

世界人類が文明の末期ガンで苦しんでいるこの時、見事に立ち上がって世界を救えるのが、日本の文化文明のミッションなのです。

 私も、観術も、日本の文化文明がミッションを全うできるように、その中心道具になりたいのです。

 皆さま共に、新しい未来を、新しい文明をつくっていきましょう。